法人会について 法人会は企業の繁栄と社会への貢献をめざします

  1. HOME
  2. >法人会について/会員の声

練馬西法人会 会員の声

法人会では、実際にどんな活動をして、参加することでどのようなメリットがあるのでしょうか?
練馬西法人会で日頃より積極的に活動している会員の皆様の生の声をご紹介します。

事業に積極的に参加して情報交換と懇親

有限会社 野田ライフサービス
野田 兼惟

野田兼惟

地元の役員さんの薦めで練馬法人会に入会して、先輩の指導を受けながら色々な行事に参加し、
やがて役員になり事業の企画運営に協力してまいりました。その間、研修会や懇親会で異業種の
社長さんとの交流ができ、同業者の会合とは異なる情報交換し、切磋琢磨することができました。
そのお陰で平成27年テニスクラブハウスの建て替えの際、いろいろ考慮してバリアフリーと
エレベーターを取り付けました。既に当法人会に入会している会員はもとより、
未入会の企業の皆さまには入会され、積極的に行事に参加して、情報交換と会員の懇親を深め
各企業の発展に努めていただきたいと思います。

非日常活動の面白み

株式会社 町田硝子店
町田 光

町田光

練馬西法人会の会員が二千社あり、そのスケールメリットが法人会の最大の魅力だと思います。
また、個性的な社長さんも多く、体育会系のノリも多く、昨年の集まりで、
「お前若いんだから練馬こぶしハーフマラソンに出てみろ」の一言で出場が決まりました。
それまで走ったことが無かったものですから、半年間かけて練習をし、何とか完走することができました。
これなど私の日常からすると青天の霹靂でした。法人会に期待することは、変わった社長さんや、
日頃出来ないことをやれる非日常の面白さが私にとって一番のメリットです。

法人会は、相互にメリット大と確信しています。

株式会社 石泉ビル
五十嵐 隆之

五十嵐隆之

公益社団法人練馬西法人会のホ-ムペ-ジをご覧頂きまして、誠に有難う御座います。
東大泉エリアの支部及び青年部会に所属しております五十嵐隆之と申します。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
全地域の若手経営者で構成されます青年部会では、定例会と称しました会員・非会員を交えました交流会を
年数回定期的に開催致しております。毎回新しい方々がご参加なされ、様々な地域や業種の目新しい情報が入り、大変有効に感じております。回を重ねる毎に、部会内の事業の相互協力も始まったり、仲間意識が揚がり、団結力・一体化感が益々高まるのを感じております。
新しくご参加なされました方々も有益性や魅力を感じて頂き、大概は法人会及び部会にてご一緒させて頂ける様になっております。
各地域(支部)でも、単体・共同開催問わず、定期に開催されたら極めて有用だなと強く感じております。
先輩世代と現場世代の交流も極めて貴重に思います。
是非、多くの方々に練馬西法人会にご入会して頂き、仲間になって頂けましたら、相互にメリット大と確信致しております。

社長が社業を熟しながら活動している姿にパワーを頂いています。

有限会社 ローレライ
小島 庸一

小島庸一

法人会は様々な業種の社長が集まっている会だと思う。
例えば、私とお付き合い頂いている社長さんの業種を見ると、保険代理業、建設業、不動産業、製造販売業、文房具販売業、運送業、塗装業、印刷業などなど。
社長が社業を熟しながら法人会活動をしている姿に接し、何時もパワーをいただいているところです。

思わぬ出会いが新たなチャンスに繋がる。核化社会に法人会は必須と考えています。

株式会社 横山技建
横山 龍子

横山龍子

練馬法人会が東西に分会されて早くも20年が経過、その間、情報誌『いずみ』等で皆様が、ご周知の通り様々な行事に携わり企画側に又参加側にと活動し、ご支援やご協力を賜り6代目の女性部会長を歴任させて頂きました。都連や全国会の行事の参加呼びかけと、毎年秋の会員増強月間には未加入法人や退会法人への再加入へと、戸別訪問をして東西奔走して何かメリットがあったかと自分自身にも問いかけてみますと、未知の人には目的もなく声掛けはできませんが、参画することにより異業種の方々との交流も深まり経営の事ばかりでなく趣味も生まれ生活が楽しくなったり、思わぬ流れから仕事を頂いたり良い商品に出会えたりとチャンスは多くの参画行動が一番重要であると痛感いたしました。お互いの価値観を尊重し合えば情報交換は情報の発信をも帯びます。核化社会には本会は必須であると考え、今後も新生の法人会へと公益法人を目指して、益々(入会して良かった)の声が飛び交うよう努力し成長して行きたいと思いますので、ご支援ご指導宜しくお願い申し上げます。

情報誌「いずみ」の制作を通じて多くの経営者の声を聞くことができました。

コバ商 株式会社
小林 利生

小林利生

昭和39年11月練馬法人会に念願叶って入会、その感激と誇り、喜びは今でも忘れることがありません。視察研修旅行、講演会等どれひとつも無駄なく、今現在でも役立っております。平成2年11月西法人会が分離独立し、初代青木会長には公私にわたり御指導を頂き大勢の先輩を引き会わせて頂き大変勉強になりありがたく思っております。広報委員は平成3年11月秋号が初仕事南大泉の(株)井口機工製作所現会長の井口正治氏(当時社長)を先輩の平野房吉広報委員と2人で訪問し「社長さんこんにちは」の原稿を頂きました。今回縁あって再び80号に2代目井口薫社長に原稿をお願いし会社の隆盛を感じました。広報委員一筋なので、大森、本橋、山口、渋谷、金山、中村、と6氏の立派な公報委員長に御指導頂き、拙いながら恙なく職務をさせて頂いております。今日まで40名の社長さんにインタビューし原稿をお願いしました。当時は「ふるさとわが町」シリーズを同時取材しましたので苦労もしましたが活字に残るので記録として保存出来名誉です。事業者の1人として法人会加入は必須条件と思います。大勢の経営者と共に学び切磋琢磨し健全経営を続けたいものです。

法人会のいろいろな行事に参加して個人では味わえない貴重な体験をしています。

株式会社 宝建工務店
吉田 久美子

吉田久美子

私はある機会に女性部の方に女性部への入会を勧められ入会しました。本部のほうには、その前から会員でした。パソコン教室に参加したことがあるくらいでした。
女性部に入りいろいろな行事に参加し、個人では、なかなか行けない旅行や講演会が聞けました。又行事の参加により、会員の皆様とも仲良くなれたのが、よかったと思っています。

多業種の女性経営者との交流は見る事も聞く事も新鮮で、楽しい経験でした。

株式会社 山田工務店
山田 カネ子

山田カネ子

昭和54年頃に練馬法人会へ当社は入会して居りました。平成2年11月に練馬西法人会が創立されて、平成3年2月22日に女性部会が創部されました。
平成4年10月に川合玉堂記念館と吉川英治記念館方面への野外研修会に於いて、現在の小池副会長さんのご紹介で女性部会員となりました。多業種の経営者の女性の集いに初参加の私にとっては、見る事も聞く事も、皆さんと会話をすることも、大変に嬉しく、楽しい事でした。
また、税務署の先生方の研修会など実例の講演会等々を通して数々の事を学びました。私も女性部の幹事・会計・副部会長・部会長を経て、現在、広報副委員長の任を仰せつかっています。
西法人会20周年を迎えるにあたり、広報委員の中より独立して「インターネット委員会」を発足する事が出来ました。会員内外共に多くの方々にホームページを見て頂いて、今後とも様々な情報等、皆様にお届け出来ますことを広報委員一同努力して参りますので、多数のご意見など、お待ち申し上げます。

このページのトップヘ

Copyright(c)2017 NERIMANISHI-HOUJINKAI All Right Reserved. (法人番号6011605001723)