法人会について 法人会は企業の繁栄と社会への貢献をめざします

  1. HOME
  2. >法人会について/法人会とは?

法人会とは?

よき経営者をめざすものの団体。法人会は企業の繁栄と社会への貢献をめざします。

正しい税知識を身につけたい。もっと積極的な経営をめざしたい。社会のお役に立ちたい。
そんな経営者の皆さんを支援する組織、それが法人会です。
「税のオピニオンリーダー」としての貢献はもとより、会員企業の経営をサポートする各種の研修会、また様々な社会貢献活動など、地域に密着した活動を積極的に行っています。

企業の間から自主的に誕生した法人会には全国で100万社が加入しています。

戦後わが国は「民主主義国家」へと新しく生まれかわり、法人税もそれまでの「賦課課税制度」から、1947年 (昭和22年)4月に「申告納税制度」へと移行しました。
しかし、当時の社会経済状況は極めて悪く、経営者が難解な税法を理解して、自主的に申告できるかどうか危ぶまれていました。このため、「申告納税制度」の定着には納税者自身が団体を結成し、その活動を通じて帳簿の整備、税知識の普及などを図る必要性が生じ、企業の間から自発的に法人会が誕生しました。

「申告納税制度」って?

納税者が自ら所得金額や税額を計算し、それに基づいて申告・納税する制度で、納税者が申告したときに納税義務が確定します。
「賦課課税制度」は税務署などの税務官庁が決定して納税者に通知する方法ですが、現在では日本の国税のほとんどについて、「申告納税制度」が採用されています。

法人会ではこのような活動を行っています。

講演会・研修会の開催

会社経営に役立つ様々な情報を提供。

税務署講師による税務研修会や著名な講師を招いての講演会など、会員企業の経営に役立つ情報を提供しています。

経営支援

経営上の問題を様々な角度からサポート。

顧問弁護士による無料法律相談や法人会独自の「貸倒保証制度やメンバーズローンなど、経営をサポートする様々なサービスを提供。

保険共済

法人会独自の充実した保障制度。

企業が安定して繁栄するために、団体割引による割安な制度や保障範囲を拡大した独自の制度を開発、提供しています。

福利厚生制度

会員企業の福利厚生を幅広くサポート。

多くの企業が加入している法人会のスケールメリットを生かし、多彩な割引制度や共済制度で会員企業の福利厚生をサポートします。

税制改正要望活動

「税のオピニオンリーダー」として国に提言。

公平で健全な税制の実現を目指し、会員企業意見や要望をとりまとめ、国や地方自治体に建設的な提言を行っています。

社会貢献活動

税の啓発や様々な活動で地域社会に貢献。

会員以外の一般の方を対象にした税の啓発活動や、地域の環境対策や文化振興など、幅広い社会貢献活動に取り組んでいます。

このページのトップヘ

Copyright(c)2017 NERIMANISHI-HOUJINKAI All Right Reserved. (法人番号6011605001723)